肝臓がんの兆候|働く人ほど感心を持とう!

看護師

働き盛りに多いがん

看護師

肝臓がんの特徴

体内の代謝と解毒の働きを担っている臓器が「肝臓」です。この重要な臓器である肝臓に発生する癌を「肝臓がん」と言います。発症年齢は40歳から50歳にかけてがピークで、特に働いている方に多く発症する癌とされています。また肝臓がんは肝臓の病気である「肝硬変」を経て発症するケースが多いのも特徴です。肝臓がんは発症初期の段階では、自覚できる症状が殆ど現れません。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、肝臓がんを発見した時には、既に癌の進行が重度であるケースが殆どなのです。そのため肝臓がんを早期発見する為には、医療期間での定期的な検査、または肝硬変が発症していないか注意することが重要とされています。肝硬変の代表的な症状が、尿の色が濃い、むくみやすい、黄疸、貧血などです。40歳以上の方でこれらの症状が現れた場合は肝硬変、そして肝臓がん早期発見の為に、早期の内に内科で検査を行うようにしましょう。

食生活で予防する

肝臓がんは「肝硬変」という肝臓の疾患を経て発症することが多いので、肝硬変の予防が肝臓がんの予防に直結すると言っても過言ではありません。その肝硬変の予防には食生活の改善が重要とされています。特に肝硬変を発症しやすい40歳以上の方は、肝機能検査を定期的に受け、肝硬変の疑いがある場合には食生活を見直すことが重要です。肉や脂物中心の食生活は肝硬変のリスクが高くなる為、魚や野菜中心の食生活への改善が望ましいとされています。肝臓がんと診断を受けた場合、治療は外科手術、局所療法、肝動脈塞栓術の3つの治療法が基本となります。癌の進行程度や肝機能の低下の程度、また患者の年齢や状態を考慮し最も適した治療法が選択されます。

血液のがんです

女性

悪性リンパ腫は血液のがんの1つです。原因ははっきりとしていません。予防には規則正しい生活をすることが大切です。悪性リンパ腫の治療には薬物治療や放射線治療が用いられています。簡単には行えませんが、ドナーから造血幹細胞を移植する方法もあります。

More...

脱腸は簡単に治せる

カウンセリング

鼠径ヘルニアの手術は年間16万件も行われており、これは消化器では最も多い数となります。但し、病気の性質から、もっと罹患者数は多いと予想できます。手術は現在主流の方法ですと、簡単で回復が早く、また再発率も低いので、是非とも手術を受けるべきです。

More...

食生活に気を付けて

病棟

胃がんは日本人で最も患者数が多いがんで、死亡者の数も肺がんに次いで第2位となっています。胃がんは女性よりも男性、そして50代から60代にかけての患者が多いという特徴があります。胃がんの予防には普段の食生活を工夫しましょう。

More...